スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そもそも露出って何?何のため?

05 12, 2011
露出(露光とも言う)とは、シャッターを開けてフィルムに光を当てること。
フィルムにはどうやって画像が記録されるのか。

2011050601.jpg 2011050602.jpg
PCモニターの前にカメラを置いて、シャッターを開けたままで固定して、裏蓋も開けてました。そこに乳白色のビニールを当ててみると、パソコンの画面が写っているのが分かります。フィルムに当てる光とはコレのこと。

2011050606.jpg 2011050604.jpg
フィルムは、プラスチック樹脂のシートの上に無数の銀の微粒子が乗っています。
レンズを通った光が銀のつぶつぶに当たり、それを現像液に浸して黒く酸化させることで、微妙なグラデーションを表現できるようになっています。現像すると、ネガフィルムは白黒の階調が反転します。

2011050605.jpg
印画紙もフィルムと同様に、銀が乗っています。暗室にある引き伸ばし機を使って、像をネガフィルムから印画紙へ投影して、これもまた現像液に浸すと、写真として完成します。

2011050607.jpg → → → 2011050608.jpg
撮影と、印画紙への投影で2回白黒が反転しているわけですね。

話が逸れました。

晴れ・日陰・曇り・室内と場所など、光(明るさ)は一定ではありません。

2011050612.jpg
しかし、フィルムに像として記録するためには、どうしても絞りやシャッタースピードを変えて、光を取り入れる量を調節して、銀を酸化させて一定の濃度にしてあげなければいけません。

2011050611.jpg 2011050609.jpg 2011050610.jpg
(左)絞り輪、5.6とか書いてあるやつ
(中)絞りを開いた状態
(右)絞りを"絞った"状態

あるコップを水でいっぱいに満たすのに、水道には太い蛇口もあれば細い蛇口もあって、蛇口を開く時間や、開き加減を調節するイメージで考えてみてください。

次回、撮影編の最後は「露出計のウソ・ホントについて」

導入編:撮影会♪in 川越
第1回:晴れの日の露出
第2回:日陰と曇りの日の露出
第3回:晴れた日中の室内
スポンサーサイト
-4 Comments
By ひのとしみつ05 13, 2011 - URLedit ]

露出だけでなく撮影時の基本的な考えとして
被写界深度の話は写真の導入にはとっても大切。

また、Black&Whiteをデータとして扱う時は特には
ハイライト、中間調、シャドウ部の調子の出方に
ついても知っておく必要があるのかなと。
手焼きはそこらへん微調整きかないからいいんだけど。
(そこが手焼きの味とも言う)
お店に白黒プリント頼む時は今全部デジタル銀塩だから
結局RGB露光になっていて、機器のキャリブレーションに色が
依存することもお忘れなく。

By かがみ05 13, 2011 - URL [ edit ]

ありがとうございます。
被写界深度の話、タイミングに迷っておりましたが、
基本のところで押さえたほうが良いのですね。次回書き加えたいと思います。

モノクロはアナログでしかやったことが無いので、今後の勉強課題、、でしょうか。

RGB露光というのは、CMYとの補色関係のことで、合ってますでしょうか?
理論上はCMYで黒が出せることになってると思いますが
デジタル銀塩でモノクロが色被りするのもキャリブレーションによるもの、でしょうか?

とかいろいろ不勉強なもので、機会があったら教えてくださいm(_ _)m

By ひのとしみつ05 18, 2011 - URLedit ]

熱心だなといつも拝見してます^^
新設した駅にかがみくんが朝のラッシュ時に
押してくれないのは寂しいばかりです(笑)余談w

デジタル銀塩とはRGB各色のレーザーで印画紙の乳剤面に露光するもので、
勿論デジタルの印画紙の特性は手焼きの印画紙とはまた違います。

CMYはK(俗に言うスミ)も含めてインクジェットプリントの
事を主に指して呼びます。インクのメディアには
発色が鮮やかでビビッドな色調を持つ、且つ水に弱い水性顔料系と
耐久性、耐候性に優れ、屋外展示などの長期使用に適している溶剤系とに分かれます。

(補色の意味でのCMYは勿論RGBと対ですが、それは色相などの話ですね。)
ずっとアナログ&手焼きが生き残る事を願いますが、
いつかはデジタルに移行してしまうんじゃないかとも思い切ないです。
デジタルの事であればなんでも聞いて下さいねー^^v

By かがみ05 20, 2011 - URLedit ]

またまたありがとうございます^^
勉強になりました、今のお店プリントも印画紙に露光して現像しているんですね。
って実は今まであんまり考えたことも無かったですが。。

そういえば毎年の学外展のポスカも、業者にデータを送るときはCMYKで保存してました。
考えてみたら家庭用の安いインクジェットプリンターもCMYKでしたね。

ところで、あのバイトけっこう好きだったんですけどね~、今の地元は西武線の奥地
なんで行けないのが残念ですw

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
プロフィール

東洋大学 1部写真研究会

Author:東洋大学 1部写真研究会
東洋大学I部写真研究会のブログです。
ご用の方は、
toyo.1shaken.4337@gmail.com
までメールをお願いします。
主に行事、イベントに関して書いていきます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
写研人のブログ(OB含む)
他大の写真サークル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。