スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

被写界深度について

06 27, 2011
やっと更新です。遅くなりましてすみませんm(_ _)m

一眼(レフ)なんだから、やっぱりボケを活かした写真を撮ってみたいよね、と思う方は多いと思います。


2011050611.jpg 2011050609.jpg 2011050610.jpg
そのボケ具合を調節することができる「絞り」。写研では、取り入れる光の量を調節するためのものと最初に聞いた人は多いと思います。


2011060902.jpg 2011060901.jpg
絞りを開く(f値を小さく)するとピントの合う範囲が狭く、絞りを絞る(f値を大きく)するとピントの合う範囲は広くなります。前者は「被写界深度が浅い」、後者は「被写界深度」が深いと言ったりします。右の写真は手前から奥までピントが合ってますね。

2011062701.jpg

絞ったときを絵で表すとこんな感じ。
レンズから入った光束は一点に集束するので、理論的にはピントは一カ所にしか合いませんが、見た目にはピントが合っているように見えるのです。


しかし「絞りを開いたら光を多く取り込んで、写真が真っ白になるのでは?」「絞ったら、写真が暗くなってしまうのでは?」という疑問も起きるわけです。そこでシャッタースピードで調節すればいいのです。

2011050612.jpg

シャッタースピードは1/1秒を基準に1/2 → 1/4 → 1/8と倍数系列(※)で、半分ずつ速くなり、
絞りもf1.4 → f2 → f2.8 → f4 → f5.6・・・と、1クリックするごとに絞りの開口面積が半分ずつ小さくなり、
シャッタースピードと絞りは対の関係なっているのです。

例えば f16 1/250 のところを、f4くらいでボケを活かして撮ってみたいというときは
f16 → f11 → f8 → f5.6 → f4 と4クリック分絞りを開いたので、そのぶんシャッタースピードは
1/250 → 1/500 → 1/1000 → 1/2000と4クリック分速くして、フィルムに投影する時間を短くしてあげなければいけません。

以前に曇りや日陰は、快晴のときのf16 1/250から「2段落ち」と言いました。「段」というのは、シャッターダイヤルや絞り輪の1クリック分のことで、2段落ちなら、
f8 1/250(f16 → f11 → f8) でも
f16 1/60(1/250 → 1/125 → 1/60) でも
f11 1/125(f16 → f11 1/250 → 1/125)でも
写真の明るさは同じということです。2011062702.jpg

やや複雑な話です、もし分からなければ詳しい先輩に聞いてみて、噛み砕いて説明してもらうといいかもしれません。

(※)1/8の次は1/15で倍数ではないですが、便宜的にそう書いてあるだけで、実際には1/1 → 1/2 → 1/4 → 1/8 → 1/16 → 1/32 → 1/64 → 1/128 → 1/256 → 1/512 → 1/1024 → 1/2048 → 1/4096 となっています。

次こそ、露出計のウソ・ホントについて。

導入編:撮影会♪in 川越
第1回:晴れの日の露出
第2回:日陰と曇りの日の露出
第3回:晴れた日中の室内
第4回:そもそも露出って何?何のため?
スポンサーサイト
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
プロフィール

東洋大学 1部写真研究会

Author:東洋大学 1部写真研究会
東洋大学I部写真研究会のブログです。
ご用の方は、
toyo.1shaken.4337@gmail.com
までメールをお願いします。
主に行事、イベントに関して書いていきます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
写研人のブログ(OB含む)
他大の写真サークル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。