スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

露出計について

07 19, 2011
カメラには、かなり古いものを除けば、写研の人が持っているカメラにはほとんど露出計というものが内蔵されています。ファインダーを覗くと、設定した絞りとシャッタースピードが合っているかどうか教えてくれる物です。


2011071903.jpg
カラーチャートです。
いちばん下の白~黒の列に、緑の丸ポチを付けたグレーは「反射率18%グレー」と言います。白い被写体から黒い被写体までの明るさを平均したもので、カメラ内蔵の露出計のほとんどは、このグレーになるように計算されます。

人の目で見えているものは、明るいものも暗いものも、すべて被写体に当たった光の反射で認識しています。カメラに内蔵の露出計も反射光で露出を測っていて、世界中の様々な被写体の光の反射を平均すると、18%程度になるだろうと決められたものです。(誰が決めたかは分かりませんが)反射光で測るので「反射光式露出計」と言います。

2011071904.jpg
ただし、白~黒のグレーでしか判断していないため、反射率18%外のものは、すべて18%にしてしまう、欠点(?)があります。だいたいの場合は正しいですが。


2011071902.jpg
f2.8 1/4に設定し、電球のあたりにファインダーを向けると、露出オーバーの表示が出ます。電球が明るいからでなく、正しくは白からグレーに合わせようとしています。


2011071901.jpg
机の上の周辺を基準に露出合わせると、ほぼ合ってると表示されます。自分の体感的にはf2.8 1/15くらいで良いような気がしますが。


2011071905.jpg
ちなみに、光量を直接測って露出を正確に求めらる「入射光式露出計」というのもあります。いちいち被写体まで寄って測るのが面倒。これで測るとf2.8 1/15と値が出ました。
どちらが良い悪いではなく、使い方次第では反射光式が正確な場合(?)もあります(と思います)。

それならば、太陽はひとつしか無いわけだから(上の例は室内で撮りましたが・・)、ISO400のフィルムで、4種類の露出で撮ったほうが、正確だし楽というものです。是非暗記して実践してみてください。


R0015924.jpg
覚えられなければ、このように(笑)


導入編:撮影会♪in 川越
第1回:晴れの日の露出
第2回:日陰と曇りの日の露出
第3回:晴れた日中の室内
第4回:そもそも露出って何?何のため?
第5回:被写界深度について
スポンサーサイト
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
プロフィール

東洋大学 1部写真研究会

Author:東洋大学 1部写真研究会
東洋大学I部写真研究会のブログです。
ご用の方は、
toyo.1shaken.4337@gmail.com
までメールをお願いします。
主に行事、イベントに関して書いていきます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
写研人のブログ(OB含む)
他大の写真サークル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。