スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日陰と曇りの日の露出

04 02, 2011
太陽は世界中でただひとつだから、晴れている日中の光が当たっているところは、どの場所でもISO400, f16, 1/250で撮影すると、見た目と同じように写るという話でしたが、障害物によって光が遮られてしまうと光線量が減ってしまいまい、前回の写真(2011.4.2追加しました)でも、影の中は情報に乏しいですね。

そこで光の減り方にもある程度はパターンがあるというものです。


2011_04_06_0010.gif
またまた下手なイラストですが、一本の木とその影がありますが、木以外に遮蔽物が無くて、多方向から光がこぼれ落ちて、間接的に当たっているイメージで考えてみてください。
光がドーンと当たっているf16, 1/250を基準にすると、日陰はそこからおおよそ2段落ちでf8, 1/250です。(「段」の意味についてはまた後日。)

「いやいや、順光で青空バックに木をシルエットで撮りたいんだよ」という人はf16で撮ればいいわけだし、影が構図のほとんどを占めたり、逆光でポートレートとか、影の中で何か撮りたいというときにはf8, 1/250で撮ればいいのですが、何はともあれ、陰というのは光がこぼれ落ちてくるイメージなのです。だから日中屋外の日陰なら2段落ち。


2011_04_03_0001.jpg
作例に使えそうな適当な写真がこれ一枚しか無いのですが、2段落ちで生け垣を撮ってみました。向きは南、右側の道路のところは光がドーンと当たって、直射光からいくらか光が「こぼれ落ちて」間接的に当たっていますね。他にも北側の空や、道の路面や周りの建築物からの反射や照り返しなどもあるかもしれません。

ちなみにビル街や住宅街の、建物と建物の間も同じ影ではありますが、多方向からの光を受けないので、日陰じゃないと思ってください。


2011_04_02_0012.jpg 2011_04_02_0014.jpg 2011_04_02_0015.jpg
曇りの日の屋外も同じです。雲によって太陽の光線量が減るので、日陰と同じように2段落ち。

日陰の中と同じように、大きな輝度差が無く、光がフラットになるので、被写体全体に光が行き届いてるのがポイント。花をマクロ撮影する時は、曇りの日が良い、とかって言われることがあるのは、このことです。

でもよく見ると、日陰の写真の空や道路の部分や、曇りの空の部分は露出オーバー(明るすぎ)ですね。空を構図の中にあまり多く取り入れると、真っ白な部分が増えて、目で追いかけるものが無くなり、間延びしてつまらない写真になるので、配分には気をつけて。



長くなるので一旦ここで区切って、室内についてはまた次回。

導入編:撮影会♪in 川越
第1回:晴れの日の露出

晴れの日の露出

03 09, 2011
こんにちは、カガミです。

前回(→こちら)から間があいてしまいました。フィルムスキャンって面倒くさいんですよ。何ヶ月掛かってんだよって話ですが。笑

前回からの続きとして、まずは晴れの日の屋外を撮影してみることにしましょう。(川越のときの写真じゃないですが・・)前回の下手っぴな絵とともに説明したように、感度とシャッタースピードの数値は同じと言うことで、ISO400の1/400秒、レンズの絞りはf16です。ただしマニュアルのフイルムカメラには1/400の設定が無いので、1/250をニアリーイコールということで代用します。

2011030901.jpg(クリックすると拡大します)
真昼の直射光で古い建物をモノクロで撮影。壁面の微妙な凹凸が影を作り出していて、モルタルの質感が出ていますね。ちなみに『モルタル』という写真集があったりします。

2011030903.jpg(クリックすると拡大します)
カラーで撮ると、青空は見た目と同じ青空になります。

2011030902.jpg(クリックすると拡大します)
逆光も、逆光らしく写っていると思いませんか。

太陽(光源)はたったひとつ、晴れていて光がドーンと当たっている場所なら、世界中どこでも露出(絞りとシャッタースピードの組み合わせのこと)は同じなのです。

「いやいや、逆光をアンダーな露出で撮るのが好きなんだよ」っていう人もいるでしょう。自分の中に基準を作ることで、好みが分かるというものです。

まずはISO400のフィルムで、f16・1/250で撮れる場面を36枚撮ってみて、モノクロフィルムならベタ焼きまで作ってみましょう。綺麗に濃度が揃うはずです。

(2011.4.2 追記、その設定でいろいろと撮ってみました。)
2011_04_02_0006.jpg 2011_04_02_0008.jpg 2011_04_02_0007.jpg

2011_04_02_0011.jpg 2011_04_02_0002.jpg 2011_04_02_0009.jpg

2011_04_02.jpg 2011_04_02_0010.jpg

次回は日陰や屋内の露出について、お話ししましょう。

撮影会 in 川越♪

12 23, 2010
_0015155.jpg
こんにちは、カガミです!

去る12月5日ですが、写研では滅多に?無い??撮影会を開催しました。
場所は小江戸川越ですが、普通に撮って歩くだけでは面白くないので、前々からお知らせしたように、参加者全員にT-MAX400を使っていただきました。

その場に応じた適正な露出(絞りとシャッター速度)を体で覚えてしまおうという目的で、ISO400のフィルムの場合でいろいろとレクチャーしてみました。

快晴の日中(太陽の位置が高い10~14時)を基準に、おおよそ以下のパターンを使い分けてみようと言うものです。
2010_12_22_0002.jpg

ヘタクソな絵で申し訳ないです。。

f16, 1/400 屋外で、太陽の光が当たっているところ。

f8, 1/400 日陰。反射光など、多方向から間接的に光を受けているところ。

f5.6, 1/250 日中の室内、南側の窓など一方向から差す光を、間接的に受けているところ。窓に近いところ。

f5.6, 1/60 日中の室内、南側の窓など一方向から差す光を、間接的に受けているところ。窓から遠いところ。

屋外と日陰のシャッター速度ですが、フィルムのISO感度分の1秒(ISO400なら1/400)になっているのがお分かりいただけますでしょうか。これは自分が参加している、某写真家のワークショップで習った法則です。ただしMFカメラには1/400の設定が無いので、1/250をニアイコールということで代用しています。

感覚的には、これらのパターンを「使い分ける」と言うより、このパターンで撮れるものを見つけて撮る、と言った方が近いかもしれませんが、ほとんどの場面をカバーできると思います。

露出が適正なら、モノクロのベタ焼きで、どのコマも濃度が揃うはずです。暗室ではアレもコレも同じ秒数でプリントできることになるので、一枚一枚段階焼きの必要も無く、より「自分の作品づくり」に専念できるというものです。

主催者の自分としては「暗室入るのがむっちゃ楽しみ」という声が聞けて、ホッとひと安心です。この手の撮影会はあと2~3回やってみたいところですね。

次回は、4つの露出パターンで撮った写真を載せてみたいと思います。
プロフィール

東洋大学 1部写真研究会

Author:東洋大学 1部写真研究会
東洋大学I部写真研究会のブログです。
ご用の方は、
toyo.1shaken.4337@gmail.com
までメールをお願いします。
主に行事、イベントに関して書いていきます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
写研人のブログ(OB含む)
他大の写真サークル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。